大阪の風俗求人サイトで風俗店に応募するときのコツ

風俗求人への応募

ハットをかぶった女性

これは風俗求人を見かけ、ちょっと迷った末に応募した時の話になります。
風俗求人、デリヘル求人、ホテヘル求人で迷ったのですが、どれでも同じなのかなと思って、家から一番近かった風俗店へ応募しました。
今思えばもうちょっと家から離れたところにしておくべきだったのかなと思います。何故かというと、やっぱり出勤するときはなるべく知っている人には会いたくないためです。そして、応募してみるとすぐに面接に日取りが決まりましたので、緊張しながら面接に向かいました。
面接に出てきたのは店長さんで、なかなかに強面の顔をしていて、ついつい目をそらしてしまいがちでした。いろいろと質問をされたのですが、覚えているのはいくつかだけですね。その中でも印象的だったのが、どういったサービスをできますかと聞かれたことです。かなりダイレクトな質問だったので、かなびびりましたが、何とかいくつかできそうなものをあげていきました。返事は毎回そっけない感じだったので、どういう感情をもっているのかは全く読めませんでした。
最後に接客業だから目はしっかり合わせてねと言われてしまい、あんたの顔が怖いんだよと言いたくなりましたが、さすがに言えずに帰りました。